憧れの・縄文杉


縄文杉

樹高:25.3m、胸高周囲:16.4m
推定された樹齢は4,000年以上・・・一説には、7200年とも。
凹凸の激しい幹は、江戸時代、利用できない巨木として伐採を免れた・・・。
以前は幹に触れることができたそうですが、世界遺産に登録され、登山者も増え、樹皮を剥いだり、落書き、また、登山者の踏圧により根が傷むことがないよう、平成8年に展望デッキが作られたとのことでした。


a0017634_1075566.jpg



最大級の屋久杉、とても神々しく見えました。
長い年月で幹の肌はごつごつとした瘤と深い皺が刻まれ・・・圧倒されるような凄い迫力がありました。
枝の上の方では葉っぱがそよそよと風に揺られてやさしさを秘めた老大樹でした。


a0017634_1091453.jpg






♪1日目
伊丹空港へ・・・伊丹空港7:55発→鹿児島空港着9:05→鹿児島市内で奄美の里見学
鹿児島港→ジェットフォイル・トッピー→屋久島宮之浦港着
永田浜(ウミガメの産卵で有名)→志戸子(ガジュマルの群生地見学)→ホテル泊


♪2日目
縄文杉登山


朝、4:30分頃ホテルを出発、6:00荒川登山口を出発!

8.5kmのトロッコ道、原生林歩道、小杉谷、二代杉、三代杉、大株歩道、翁杉、ウイルソン株、大王杉、夫婦杉・・・縄文杉

600m登るのに2時間くらいかかります。

ガイドさんや同じグループのメンバーに心配を掛けましたが無事縄文杉まで到達しました。

無事、風格ある縄文杉に会うことが出来て大満足!!!



荒川登山口

a0017634_10202692.jpg




延々と続く(8.5km)トロッコ道
この後には急斜面が待っていました

a0017634_1022767.jpg



まだ実際に使われています

a0017634_1140841.jpg



安房川の上流

a0017634_13304180.jpg


苔の中に赤ちゃん杉

a0017634_13123679.jpg




ウイルソン株(屋久杉の切り株)
豊臣秀吉の命令により大坂城築城(京都の方広寺建立とも)の為に切られたと説明がありました。
ウイルソン株は、アメリカの植物学者E.H.Wilson(1876~1930年)が1914年に来島した時、ソメイヨシノなど多くの桜などの収集とともに屋久杉も博士により調査され西洋文化圏に紹介され、後年これを記念して、この株の名前の由来となったそうです。

a0017634_1029942.jpg




ウイルソン株の中
株の中には祠(木魂神社が祀られています)があり、清水が湧き出ています。 
a0017634_10311044.jpg





ウイルソン株の中から空を・・・ハート型に見えました。

a0017634_1033479.jpg




屋久サルさん母子のお出迎え

a0017634_13392630.jpg




お世話になったガイドさん

a0017634_12571245.jpg




巨大な屋久杉(樹齢1000年以上の杉だけを言う)のパワーをいただいて。
江戸時代に試し切りでつけられた斧の跡がありました。

a0017634_1362255.jpg




やっと縄文杉にご対面が叶いました。

a0017634_11532068.jpg



でも往復11.5時間の登山は堪えました。
帰りが大変!体力不足、準備不足を痛感!!


あと1時間くらいのところから、足はパンパン、意識朦朧・・・^^;
ガイドさんの肩につかまり、ストックで引っ張ってもらっての下山になってしまいました。

最後尾で登山口まで・・・^^;
皆さんが拍手で迎えてくださいました。

a0017634_122538.jpg


この晩は39.8度の高熱を出してしまいました。
ホテルでアイスノン、体温計、熱のためか寒気がして大布団を借り・・・。


♪3日目
平内海中温泉、大川の滝、屋久杉工房を見学


その後も足が動かないので、座席はグループの方が変わってくださったり、配慮していただいたり・・・本当にお世話になってしまいました^^;


屋久島は1ヶ月に35日雨が降ると言われるほど雨が多いところだそうですが、3日間とも晴天に恵まれてラッキーでした。


帰りには素晴らしいお土産が!!
鹿児島は通り雨がふっていたのですが・・・目の前に大きい虹のアーチが~(*^^)v

a0017634_1292229.jpg


嬉しい素敵なご褒美でした^^;



いつもご覧いただきありがとうござます。
人気blogランキングへ

by kaguyawing | 2010-09-29 12:16 | 私の時間 | Comments(25)  

Commented by michiko22 at 2010-09-29 16:03 x
素晴らしい縄文杉を見せていただいてありがとうございます。
とても素晴らしい!!
風雪に耐え、何千年もの間、こちらで見守っておられたのですね。
風格があります。
Commented by mayumis39 at 2010-09-29 18:37
本当にお疲れ様でした、頑張りましたね!!
実際に目にしたら、どれだけ感動することでしょう・・・
こうして、画像を見せてもらっているだけで、パワーが伝わってきます。
最後の虹、これも感動の虹でしたね^^
Commented by hiro-photo at 2010-09-29 21:00
こんばんは。
樹齢1000年以上の杉・・・・考えられないような永い永い時代を生きているのですね、世の中の移り変わって行く様を見ていたら、是非語って聞かせてもらいたいですね・・・・。
Commented by kanon003 at 2010-09-29 21:09
こんばんは やっと気持ちのよい季節になりましたね。
コメント下さってありがとう!^^ございます。
素適なところにお出かけだったのですね。
大きな木は神々しさがありますね。
とても力強く、素晴らしい、いろんなことを知っているような気持ちを奪われます。
↓いろいろ楽しませていただきました。
Commented by youshow882hh at 2010-09-30 00:48
こんばんは。 ゆーしょーです。
屋久島へ行って来たのですね。
1枚目の杉を見てびっくり仰天!
4,000年以上、一説には7,200年とも。
これを聞いて二度びっくり。
縄文時代からあるので 「縄文杉」 なのですね。
世界遺産に登録されるのはいいのですが、
何かと制約され、かえって不自由ですね。
ポチ♪
Commented by saxBoss2 at 2010-09-30 07:56
まさに神木ですね
神々しい
4000歳の長生きなのですね
人間がたかだか100歳
圧倒的な長生き
何を見てきたのでしょうね♪
Commented by 74mimii at 2010-09-30 13:52
おかえりなさい!
お疲れさまでした。
苦労なさった甲斐がありましたねぇ~
素晴らしい縄文杉に会えて・・・
拝見して長寿のパワーを頂いたような気持ちです。
Commented by kaguyawing at 2010-09-30 16:47
♪ michiko22 さん、こんにちは。
ごつごつした肌、縄目が入ったような幹・・・時の流れの凄さを感じました。
最初は、苔の上のような杉だったのに・・・驚きでした。
Commented by kaguyawing at 2010-09-30 16:51
♪ mayumis39さん、こんにちは。
アクシデントはありましたが、だんだん素晴らしさが思い起こされてきます。
凄い年月ですよね~。
最後に待ってくれていた虹、縄文杉のところまで行ったということを
実感させてくれました。
Commented by kaguyawing at 2010-09-30 16:55
♪ hiro-photoさん、そうですね。
語ってもらいたい^^;
一度は切られようとしていたようですが、よくぞ頑張ってくれました。
ほんとうに神々しい老樹でした。
Commented by kaguyawing at 2010-09-30 17:04
♪kanon003さん、こんにちは。
本当に急に涼しくなりましたね~。
夏から即冬?
今年の紅葉はどうなるのでしょう。
縄文杉、一度は行きたいと思っていたのですが、実現しました。
富士山でも足を痛めましたが、今回は発熱もあり大変でした。
huhuhuでももう一度行ってみたい・・・^^;
Commented by kaguyawing at 2010-09-30 17:09
♪youshow882hhさん、こんにちは。
推定樹齢からして縄文時代から生きているということと、ごつごつした幹肌が縄目のように
見えるからということのようですが、風格がありました。
登山者のマナーには気をつけてもらいたいですね。
本当にだんだん制約が厳しくなっていきます^^;
Commented by kaguyawing at 2010-09-30 17:13
♪saxBoss2さん、こんにちは。
行ってきましたよ~。
2年ほど前に翁杉が倒れましたが、ガイドさんの説明では老衰のようでした。
縄文杉もいつか・・・。
樹の精を見たかったのですが・・・(雨上がりかな?)
私の方には全く余裕がありませんでした^^;
Commented by kaguyawing at 2010-09-30 17:26
♪74mimiiさん、こんにちは。
ありがとうございます。
巨木の姿は、他の杉と比べて圧倒的に大きく人間の寿命と比べるとその生命力に驚きます。
濃い緑の中、延々と歩きました。
会えて良かった~!!!!
パワーもしっかりといただいてきました^^;
Commented by kawazukiyoshi at 2010-10-01 15:16
巨木は、何か、魂を持っているのかと思ってしまいますね。
台湾でも、たくさんの巨木を楽しみました。
虹のプレゼント、嬉しいですね。
今日もスマイル
Commented by kaguyawing at 2010-10-01 18:20
♪ kawazukiyoshiさん、こんばんは。
本当にそうですね。魂を持っていると思います。
どの植物でもそうですが、近付いてじっと見ていると何か語りかけられているように思います。
樹の肌に触り、声を聞きたかったなぁ~と思います。
Commented by jyoh33 at 2010-10-02 05:41
数千歳の縄文杉、圧巻です。まだまだ元気そうで素晴らしい姿です。
なぜウイルソン? ハートの窓が面白いです。
Commented by kaguyawing at 2010-10-03 17:32
♪ jyoh33さん、こんにちは。
ウイルソン株は、アメリカの植物学者E.H.Wilson(1876~1930年)が1914年に来島した時、ソメイヨシノなど多くの桜などの収集とともに屋久杉も博士により調査され西洋文化圏に紹介されたそうです。後年これを記念して、この株の名前の由来となったそうです。
この株の中は大変ひろく10名あまりの人が入れます。
中には木魂神社があり清水が湧き出ています。
株の中から空を見るとちょうどハートの形に見えました。
Commented by 小太郎 at 2010-10-27 20:24 x
今日から、あまりの寒さに炬燵をだしました~~~。
やはり、炬燵はほのぼのとした気分になりますし、くつろげますネ!!!
松山の後輩が11月の初旬に屋久島にゆくそうです。
鹿児島に2泊、屋久島に2泊で縄文杉には往復で8時間を予定しているそうです。

kaguyaさんのブログを見て普段からジョギングやジムで鍛えていますから多分大丈夫だろうと!!!
心配なのは台風だと。

後輩もkaguyaさんのブログを見て元気をいただいています。

私は孫娘と30,31日と香川の「レオマワールド」に行きますが、こちらは二日間とも雨の予報です。
照る照る坊主でもつるしたい心地です。
Commented by kaguyawing at 2010-10-31 09:21
♪小太郎さん、おはようございます。
11月の初旬に屋久島ですか~?
台風も去り、天候は持ち直しそうで良かったですね。

>鹿児島に2泊、屋久島に2泊で縄文杉には往復で8時間を予定しているそうです。

ゆっくりした屋久島行きになりそうですね。

縄文杉の近くに山小屋があり、そこに宿泊されるというお話も聞きました。
8時間で往復・・・健脚ですね~。どうぞお気をつけて行ってらっしゃいませ。

小太郎さんはレオマワールドですね。
いい旅行になりますよう^^;
Commented by 小太郎 at 2010-11-05 10:34 x
おはようございます。
松山のkaguyaさんの後輩あたるK君(奥様は新居浜出身)からのメール。

『目指すは「縄文杉」ですが、4日の11時頃には屋久島に到着しますので、車で観光地を巡りたいと思っています。
登山は5日になり、途中でギブアップしないよう頑張ります。』
(kaguyaさんが往復に要した11.5時間を8時間の予定で往復する計画)

屋久島・宮之浦の今日の天気をみると曇り、温度は20℃前後ですから、爽やかな風の中を今頃は縄文杉に向かっていることと思います。

私とは離れていますから、お土産はもらえませんが、今度、「新居浜」で会ったときの土産話が楽しみ~~~。
美味い焼酎を呑んでくると云ってましたが、
これも羨ましい限り!!!
Commented by 小太郎 at 2010-11-12 11:28 x
松山の後輩からのメール!!!
「『縄文杉』に行ってきました。11月3日~11月7日の旅でした。
屋久島全体がパワースポットですね。
二人で登りましたが、行きは3時間半、帰りは4時間かかりました。(約21km)
帰りは食事をしたり、登ってくる人優先のマナーから、登るときより少し時間がかかりましたが、楽しく登ってきました。
前日は海中温泉に入ったりして、ポイント地点を観光しながら島を一周しました。
『三岳(みたけ)』というおいしい焼酎に出会い、疲れも吹っ飛びました。
帰りの日、観光センターでその『三岳』を買いましたが、一人900ml1本までと制約があり、店の人に聞いて見たところ、蔵元が小さくて出回らないとの事です。」
ほんとうに楽しかったようですネ~~~。

夏を生き、秋を生き、冬にさしかかろうとしていますが、
あの春の「新居浜」に赴任してから47年が過ぎようとしています。

ではでは、北風に向かって気ままに愉しんで健やかにお過ごし下さい。

Commented by kaguyawing at 2010-11-14 11:04
♪小太郎さん、おはようございます。
お友達、縄文杉へ行ってこられたのですね~。
たぶん同じ道を通られたとおもうのですが、行きが3時間半、帰り
が4時間ですか~?
健脚な方なのですね。
私は11時間半・・・ずいぶんかかったものです。
最終者で荒川登山口に到着!
バスの発車まであと10分ほどしかありませんでした^^;

新浜への赴任からもう47年が過ぎようとしているのですね。
新居浜での会社勤め、3年半のあと結婚退職、下の子供が小学校1年生のときから大学生に変身!幼稚園の先生を10年間、大学勤めを20年間!
少し早く退職させていただいて2年目・・・日々新しい経験を楽しんでいます。
小太郎さん、冬場もテニスコートですか?
お風邪をひかないようにお気をつけくださいね~。
Commented by kaguyawing at 2010-11-14 19:27
♪小太郎さん、次回新居浜へ行ったとき、後輩の方とお会いするのが楽しみですね。
海中温泉に入られたとか・・・良かったですね~。
私の時は足湯に入った方はおられたようですが・・・。私は前日の登山が響き、まだ熱の中でしたので上から見えるところまで移動し、様子のみを把握!
歩きに時間がかかるので早々に引き上げ、写真撮りに~~^^;でした。
小太郎さんも、いつか『縄文杉』に挑戦してみてくださいね~~(^^)v
Commented at 2010-11-14 20:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 雨上がり 屋久島・序章 >>