フウセントウワタ(風船唐綿)

毎年楽しみに見ているフウセントウワタ^^;
今年はタイミングよく、実が弾け、綿毛が風に吹かれて飛ぶところが見えました。

フウセントウワタは、南アフリカが原産で、リンドウ目ガガイモ科フウセントウワタ属の
多年草です。
別名:フウセンダマノキだそうです。

夏に小さな白い花を咲かせ、晩秋には果実が熟し ます。
果実は球状で、表面にはやわらかい棘が生えています。

面白い(?ちょっと変わった実)に最初はびっくりしましたが、最近ではとても楽しみに
待つようになりました。


実の真ん中から割れて中から綿毛が飛び出しました。
a0017634_2122498.jpg



黒い点々が種です。
a0017634_21274592.jpg



私の黒いベレー帽にくっつきました。
a0017634_21303754.jpg



触るとすぐに種が落ちてしまいます。
1個だけ取り出してみると・・・
a0017634_21321693.jpg


大切に持って帰りました。
種まきの時期は4月下旬だそうです。
ちゃんと芽をだしてくれるかなぁ~~^^;



いつもご覧いただきありがとうござます。
人気blogランキングへ

by kaguyawing | 2014-01-16 21:35 | | Comments(4)  

Commented by koneko3y at 2014-01-16 22:19
あの小さな花から大きな風船ができますね。
真っ白な綿毛がもくもく飛びだして楽しそうです。
花は見ていても、綿毛を見ることが有りません。
Commented by namiheiii at 2014-01-17 10:28
一度見てみたいと思いつつ未だにチャンスがありません。この時期に実がはじけるのですか?
Commented by kaguyawing at 2014-01-18 21:16
♪konekoさん、こんばんは。
本当にそうですね~。
小さな花なのにこんなに大きい果実ができるのですね。
綿毛、初めてみました。
意外に寒さに強いのですね。
Commented by kaguyawing at 2014-01-18 21:21
♪ namiheiii さんこんばんは。
実が弾ける時期・・・果実鑑賞は8月から10月とありますので、
ほんとうはもう少し早い時期なのかもしれません。
花も実もユニーク!!
風船のような果実は本当に印象的です。

<< 冬枯れの木 散歩道 >>