山肌<富士登山>

ふうふう言いながら撮った写真
山肌がだんだん変化していきました。

《 行 程 》
8/18 21:30 難波発
     ・<名神・中央道>(車中泊)  
     ・ 富士スバルライン
     ・
8/19 11:00 富士五合目より登山開始
     ・
     ・
   17:00 八合目白雲荘着(休憩・仮眠)
8/20 00:00 八合目白雲荘発
     ・
     ・
   04:00 頂上着(ご来光)
   05:30 下山
     ・
     ・
   09:30 五合目到着
     ・ 富士スバルライン
   11:00 フィットリゾートクラブ(温泉・食事))
     ・ 富士スバルライン
     ・ <名神・中央道>
   21:00 難波着
a0017634_7355929.jpg

a0017634_7372511.jpg

a0017634_7524678.jpg

a0017634_7464019.jpg

富士山八合目「白雲荘」
夕食はカレーライスが待っていました。
ばんざ~い!
到着・・・ここで数時間の仮眠です。
a0017634_7482417.jpg

仮眠場所
川の字プラス逆川の字、窮屈でなかなか姿勢も変えられませんでしたが
体休めが目的・・・・・
でもいつの間にか眠っていました。
ザックは天井といっても低いのですが、これも貴重な体験になりました。
a0017634_7492973.jpg

a0017634_7451549.jpg

a0017634_8621100.jpg

a0017634_7542996.jpg

a0017634_7561432.jpg

a0017634_7565283.jpg

予定10分前に富士下山しました。
a0017634_7583363.jpg

この後が大変!
ほっとしたのか、一休みしたあと、右足が全く言うことをきいてくれません。
痛くて動かせません。
帰り道の温泉は何とか入りましたが、水を飲みながらウンウンうなりながら寝ておりました。



いつもご覧いただきありがとうござます。
人気blogランキングへ

by kaguyawing | 2006-08-25 08:03 | 私の時間 | Comments(10)  

Commented by ky53766 at 2006-08-25 09:51
kaguyaさん おはようございます 登山の写真たくさん拝見しました
楽あれば苦あり の連続の様子がよく出ています いい思い出に
なりますね 大切に保存ですね
Commented by n-yukiya at 2006-08-25 17:00
kaguyaさん、こんにちは!
富士登山ってこんなに人がいっぱいなんですか~ 蟻の行列のよう、、、これじゃ自分のペースで歩けないのでは。足を痛めたのもここに原因があったのかな?!
でも、こうして苦労されて見た景色は格別だったと思います。
私も挑戦してみたいですが、今回はkaguyaさんの写真で楽しませてもらいます。



Commented by hatsumimi-kun at 2006-08-26 01:22
思わずご来光に合掌しちゃいました。
って、ズルしてるヤツには何のご利益が無いことは承知ですが・・・
Commented by jhino at 2006-08-27 01:06
詳しい登山レポート、行き帰りの様子、よく解りました。
本当に蟻さんの大行列、人の多さ想像以上、びっくりです。
富士山が汚れるの無理ないような気がしますが・・・・・
私が登ったのは11月末の雪と氷の世界、夏富士の茶色の地肌に戸惑います。
グループ登山は最も遅い人を基準に登るのが基本、
上中のテンポで登ると必ず犠牲者が出ます、ご苦労様!
Commented by kaguyawing at 2006-08-27 07:55
♪ky53766さん、は~い!
いい思い出になりました。
やっと足が普通に踏み出せるようになりましたが、右足の親指の爪がはがれそうです。
カメラの重みはやっぱりこたえましたね~~。
Commented by kaguyawing at 2006-08-27 08:01
♪ n-yukiyaさん、yukiyaさんよりお先に失礼!になりましたね。
私も山がこんなに大渋滞とは思いませんでした。
この日は最後の大混雑の日と強力さんが仰っておられましたが、私たち
を先導してくださったこの強力さんは、頂上まで登山者を案内し、すぐ下
りてきて、私たちを先導するという大忙しの様子でした。

本当に遠くから見ると、アリさんの行列ですね。
それにしてもよく登ってきました(^^ゞ
Commented by kaguyawing at 2006-08-27 08:04
♪hatsumimi-kunさん、夜明け前はとても神秘的でワクワクしたのですが、
厚い雲がかかり、太陽を拝んだのは、ぽっかり上ってからでした。
パチッとお日さまが顔を出す瞬間を見たかったのですが、ちょっと残念でした。
でもとても神々しかったですよ~~。
Commented by kaguyawing at 2006-08-27 08:08
♪jhinoさん、おはようございます。
ハイ、その足を引っ張っていた方のグループでした。
健脚の方は早く着いて休憩をしていますが、遅れて到着組は、ついたらすぐ出発!
これは大変と思い、前のグループで歩きましたが、まただんだん遅れてしまいました。
頂上には早いグループで到着しましたが、下山が一苦労でした。
Commented by hatsumimi-kun at 2006-09-01 09:07
かぐや姫様 おはようございます。
やっと夕べ主人にこちらの写真を見てもらえました。
ウチの長男ったら「富士山どうだった?」の質問に「キツカッタ」とたった一言だけの返事。
いまいちシンドサが伝わってこなかったんです。
でもここのお写真を拝見して、「アイツがこんなふうに登ったんだぁ・・・」って。
絵を描くだけがとりえのインドアな長男を見る目が少しは変わったかも。
富士登山なんて、学校の先輩方に可愛がられ、一緒に頑張る友達がいて、初めてチャレンジできること。
親元離れ少しは逞しくなったんだって嬉しくなりました。
ありがとうございます。
Commented by kaguyawing at 2006-09-01 22:56
♪hatsumimi-kunさん、ご主人様も見てくださったのですか?
ありがとうございます。

ご長男さんも登られた富士山! 私よりも1週間早く登られたのですよね。
ご長男さんの「登ろう!」というところが偉い!

逞しく育っているご長男さん、頼もしいです。

<< 高山植物-1<富士登山> 名前は今から >>