ムシトリナデシコ

a0017634_614378.jpg




いつもご覧いただきありがとうござます。
人気blogランキングへ

by kaguyawing | 2007-05-22 06:14 | | Comments(6)  

Commented by ky53766 at 2007-05-22 08:29
オハヨウ御座います ムシトリナデシコ 面白い名前ですね
食虫植物なんですかね 家野の庭に植えて害虫だけって
訳にはいかないかも 益虫も一緒に食べちゃうかもね
Commented by kanmyougama at 2007-05-22 08:48
綺麗な可愛い花ですが名前は「虫取り・・」
 「 ムシトリナデシコ」・・・食虫植物ですか。

「道端の草花」・・・・・・も変わっていますね。


Commented by koneko2y at 2007-05-22 23:33
こんばんは。
この花びらの下の部分が粘着質になっているのを思い出しました。
子供の頃、ピタッと付くので「ピタピタバナ」と呼んでいました。
その粘着質の所に虫がくっ付くからこのネーミングなのですか?
Commented by kaguyawing at 2007-05-23 02:42
♪ky53766さん、こんばんは~。
名前に、虫取りとついていますが、食虫植物ではないようです。
葉っぱの下に粘りのある層があり、ここによく小さな昆虫が付いていることに由来するようです。
遠目に見ると、赤紫色の帯が目立ちます。
Commented by kaguyawing at 2007-05-23 02:48
♪ kanmyougamaさん、別名ハエトリナデシコ、食虫植物ではないようですが、葉っぱの下側を触ると粘々しています。
ヨーロッパ原産の帰化植物で、江戸時代に観賞用として導入されたようです。
繁殖力が旺盛なのでしょうか。
Commented by kaguyawing at 2007-05-23 03:06
♪konekoさん、ピタピタバナ、いい表現ですね~。
手で触るとトリモチのようにネバネバしています。
茎の節間に粘液を分泌するようです。この粘液に虫が捕まることがあることからムシトリナデシコの名前の由来とありました。
小さな花の集まりですが、数本集まると帯のように見えて綺麗です。

<< スイカズラ 綺麗! >>