これは何の?


この木はどんな木だったのでしょう。
確か黄色い房のような花が咲いていたとおもうのですが・・・・。
綿毛になってふ~わふ~わしていました。
a0017634_7332418.jpg


♪おまけ~♪
家の前の木でホ~ホケキョ
可愛い鶯が来てくれました。
たぶん声の主はこの鳥さん(トリミングしています)^^;
a0017634_726376.jpg




いつもご覧いただきありがとうござます。
人気blogランキングへ

by kaguyawing | 2009-05-23 07:10 | | Comments(10)  

Commented by hiro-photo at 2009-05-23 19:59 x
もんばんは。
綿に包まれた種が、風に乗って飛ばされていくのでしょうね・・・。
新たな船出、無事に新天地に着いてくれれば良いのですが・・・・。
ウグイスのホーホケキョが聞かれるのですか、まだ春真っ只中・・・と言った感じのようですね。
Commented by namiheiii at 2009-05-23 21:04
タチヤナギ、カワヤナギの種類でしょうか?川端で白い綿のような沢山の柳絮が何処からともなく流れ飛んでくるのを最近経験しました。
Commented by youshow882hh at 2009-05-23 22:08
こんばんは。 ゆーしょーです。
この綿のような木は何でしょう。
私は初めて見ました。
ウグイス、よく撮れましたね。
鳴き声はよく聞きますが姿はなかなか表わしません。
↓のユスラウメ、子どもの頃よく食べました。
グミと同じ頃に生りますのでどちらもよく食べましたね。
ポチ♪
Commented by koneko2y at 2009-05-23 22:44
先日バラ公園に行ったときに大きな木の下がフワフワした綿のようなもので白く敷き詰めたようになっていました。あたりにも飛び舞っていました。
とても不思議な光景でしたが、 namiheiiiさんのコメントの「柳絮」をヒントに検索してみたら、まさにその通りでした。
その光景を写してくれば良かったと思いました。
Commented by saxboss2 at 2009-05-24 07:25
おはようございま~す♪
ウグイスですね
本当に美しい鳴き声
聞こえてきそう!
Commented by kaguyawing at 2009-05-24 07:46
♪ hiro-photo さん、おはようございます。
時々行く河川敷ですが、この姿の時に訪れるのは初めてでした~。
鶯さんまだまだ鳴いています。
鳴き方も上手!ケキョケキョケキョ・・・遠くの鶯さんと呼び合っていました。
Commented by kaguyawing at 2009-05-24 07:59
♪namiheiiiさん、ありがとうございます。
柳絮(りゅうじょ)と言う言葉初めてでした~^^;
綿毛をもった柳の種子が飛び散るさまをあらわしたことばなのですね。
とするとこの木はヤナギ・・・。
納得しました。
ありがとうございました。
Commented by kaguyawing at 2009-05-24 08:03
♪youshowさん、おはようございます。
↑namiheiiiさんに教えていただきました~。
ヤナギの木だったのですね~。
不思議な木に見えました~。
↓ユスラウメ、艶やかで大きくて立派な実でした。
私も子どもの頃、ユスラウメやグミを食べました@^^;
懐かしい味でした。
Commented by kaguyawing at 2009-05-24 08:07
♪ konekoさん、おはようございます。
私も柳絮をヒントに調べてみました。
konekoさんも「柳の綿のような実が風に乗って舞い散り、一面をうめ尽くす光景」に出会われたのですね~。
も風に乗ってどこかへ飛んでいったかしら??
Commented by kaguyawing at 2009-05-24 08:10
♪ saxbossさん、おはようございます。
すぐ近くで毎日のように鳴いていますが、なかなか姿を見せてくれません。
珍しく小枝に止まってホーホケキョ!
いろんな鳥さんが訪問してくれるので嬉しいのですが、今は椋鳥さんが賑やか賑やか!

<< スイカズラ ユスラウメ >>